【函館2歳S】レース後の談話

公開日:2018年7月23日 17:00 更新日:2018年7月23日 17:00

①着アスターペガサス(小崎騎手) 新馬戦の時よりも良くなっていたので、レースへ向かうのが楽しみでした。気合が乗っていたので空回りしてほしくなかったのですが、課題のゲートでそれが出てしまって。でも、仕掛けてからはしっかり反応。最後は“届いてくれ”と必死に追いました。勝ってくれてホッとしましたね。スピードがあって前進気勢もある。すごくいい馬です。

②着ラブミーファイン(丸山騎手) 悔しい~。デビュー戦で千八を使ったので、スタートから出していったんですが、すぐ流れに乗れましたよ。うまいこといったんだけど……、勝った馬が強かったってことですね。

③着カルリーノ(藤岡佑騎手) いい位置でしっかり走ってくれました。将来性ありそうですよ。

④着エムティアン(三浦騎手) 返し馬に行った時に芝はこなせると思いましたよ。もう少し息が入るような流れならもっと良かったんですけどね。でも、いいスピードを見せてくれました。

⑤着トーセンオパール(勝浦騎手) 頑張ってると思いますよ。こういう馬場は得意ではないのかなって気もするし。馬自身も良くなっていましたが、まだまだという感じで。それでも直線向いた時は“オッ”と思ったぐらい。これから力をつけてくれればですね。

⑨着ナンヨーイザヨイ(岩田騎手) 中団ぐらいでうまく運べたんだけどね。4コーナーで前の馬が外に張ってきたせいで、こちらもだいぶ外を回らされてしまったのが痛かったね。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間