大谷のメイン縦横無尽

大谷の3場メイン勝負馬

公開日:2018年7月14日 17:00 更新日:2018年7月14日 17:00

【函館記念】重賞3勝目だブレスジャーニー

 日曜メインは函館が芝二千の重賞なら、福島は芝千二、中京はダート千八のオープン特別。バラエティーに富んだレースとなっている。本命、穴馬決着、どちらもドンとこい。大谷記者の狙い馬は――。

~~~~~~~~~~~~~~~~
 ブレスジャーニーの復活Vにかける。

 一昨年の秋にはサウジアラビアRC→東スポ杯2歳Sと重賞連勝。2年以上前の実績を持ち出すのは、確かに“今更”といった感があるかも

 しかし、それだけのインパクトだったのは間違いない。

 サウジアラビアRCは夏負けが尾を引いて良化途上ながら、ダンビュライトを差し切り。東スポ杯では直線で進路を探して大外に持ち出すロスを克服。スワーヴリチャードを首差捕らえた。

 今や第一線でバリバリ活躍する同期のライバルを、圧倒的なパフォーマンスでねじ伏せていたのだから価値がある。

 骨折で3歳春は棒に振り、ぶっつけで臨んだ菊花賞は⑫着に惨敗。しかし、続くチャレンジCでは首、首差③着と、古馬相手でも十分通用するところを示した。

 前走の巴賞は外から伸びかかったものの、ゴール前で脚色が一緒になって0秒1差⑤着まで。3カ月半ぶりで、速い追い切りは2本のみ。ここを見据えて急仕上げ気味だったことを思えば、合格点といえよう。

 ひとたたきした今回は中1週でも直線いっぱいに追われて、1F12秒4をマーク。上積みを感じさせる意欲的なケイコに加えて、鞍上はデビューから6戦で手綱を取っていた柴田善に戻る。

 癖を知り尽くした大ベテランに導かれ、久々のタイトル奪取だ。





【バーデンバーデンC】前進必至タマモブリリアン

 ◎タマモブリリアン。前走の函館スプリントSでは⑤着に善戦した。道中は勝ったセイウンコウセイの直後で内ラチ沿いの追走。セイウンがそのまま逃げ切ったため、前があかず、窮屈な競馬になったもの。

 しかも、4カ月ぶりの実戦だったことを思えば0秒3差は上出来。あらためて小回り千二の適性を示す一戦だった。

 今回は重賞→オープン特別でもハンデ戦で斤量は54キロ→52キロ。メンバー的にも一気に楽になるだけに、きっちり先行して抜け出してくる。







【名鉄杯】ローズプリンスダム復調気配

 4歳馬ローズプリンスダムを狙い撃つ。

 昨夏のレパードSを鮮やかに差し切って重賞初制覇。その後は古馬相手に苦戦が続いていたが、前走のアハルテケS⑥着に復調の兆し。

 チークピーシズを着用したことで行きっぷりが戻り、5F通過58秒6のハイペースでも[5][4][4]と余裕を持って追走。後方待機組が上位を占める中で、掲示板まであと一歩と踏ん張った。


 千八への距離延長は好材料だし、夏場の強さも実証済み。賞金加算で重賞戦線に返り咲く。

大谷剣市

大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。トレセン取材からデーター分析まで様々な視点で勝ち馬を導き出す。堀、相沢厩舎などを担当。ジャッジは的確だ。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間