亀井記者の血統ロックオン

【日曜福島11R・七夕賞】サーブルオール重賞ゲット

公開日:2018年7月7日 17:00 更新日:2018年7月7日 17:00

血統馬券の亀井記者は先週のCBC賞で4番人気アレスバローズに◎。馬単1万2560円を見事に仕留めた。今週は2重賞制覇を目指す。

 サーブルオールの重賞取り。

 ハービンジャー産駒は11ある重賞勝ちのうち約半数の5勝が京都内回り二千メートルと中山二千メートル。小回りの中距離戦が産駒の得意条件だ。

 サーブルの母モンローブロンドも現役時代、4勝のうち3勝が小倉、残る1勝は京都内回りだった。そう、父系に加え、母系も小回りを得意とする。

 同じハービンジャー産駒で母同士が姉妹のディアドラも小回り巧者だ。昨年はHTB賞、紫苑S、秋華賞と3連勝でGⅠゲット。この3戦が札幌、中山、そして京都内回り二千メートルだった。

 前走、エプソムC④着は直線の長い東京で、結果的に上位の馬とは決め手の差が出てしまった。それでも、初の古馬重賞で0秒3差なら、十分にメドの立つ内容だったといえる。

 舞台が福島に替われば前進あるのみ。

 2走前の中山二千メートルの美浦Sが、[7][2][2]と向正面から一気に動いて、力でねじ伏せる強い内容。1分59秒9の好タイムだった。5勝中3勝が中山コースだから、血統通りの巧者とみていい。

 前走から1F延長の二千メートルは〈2100〉のベスト距離。さらにハンデ戦で斤量が1キロ減の55キロになるのも好材料。重賞初Vへの条件は整った。

【日曜中京11R・プロキオンS】ドライヴナイト先行押し切る

 ここは大箱コースの中京、東京を得意にする種牡馬に注目したい。それがエーピーインディ系だ。実際、このレースでは前5年で3勝と、大活躍している。

 今年の出走馬は3頭。実績馬インカンテーション、昨年の覇者キングズガードのシニスターミニスター産駒の2頭も有力だが、◎抜擢はカジノドライヴ産駒のドライヴナイトだ。

 カジノドライヴ産駒が勝率、③着内率ともに最も高い数字を残しているのが中京。ダートの特別戦に限定しても〈3117〉。勝率・250、③着内率・417のハイアベレージになる。

 ドライヴナイトも3歳時、今回と同舞台のはこべら賞勝ち。のちの重賞勝ち馬ロンドンタウンを負かしているから、やはりコース適性は高い。

ベスト舞台に得意の雨まで

 雨馬場になるのも魅力だ。同産駒のダートでの③着内率を馬場状態別に並べるとこんな具合。

 良  ・219
 稍重 ・277
 重  ・306
 不良 ・417
 悪化するほどに成績を上げている。

 ドライヴ自身も重馬場だった2走前のすばるSでは②着に0秒3差の逃げ切り。重巧者ぶりを存分に発揮した。

 ベスト舞台で、折からの雨で道悪ダートが見込める。ここは先行押し切りだ。

亀井辰之介

亀井辰之介

メーンレースまでの稼ぎ場をあらゆる角度から徹底的にリサーチ。ピックアップした推奨レースに鋭い視点で切り込んでタマを何倍にも増やしていく西のスナイパー。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間