宮川一朗太のGIレース「人情予想」

【ラジオたんぱ賞】ビワタケヒデにかけられた大きな期待

公開日:2018年6月30日 17:00 更新日:2018年6月30日 17:00

 突然ですが、6月30日土曜日は、福島競馬場へ行っています! この記事が載る新聞が都内の売店に並ぶのは土曜日の昼すぎ。福島競馬場でボクを探してみて――と言っても間に合わないなぁ。場内をウロウロしているはずなんですけどね、ハハハ。

 ボクには弟がいます。やはり兄や姉が成績優秀だと下は苦労しますよね。実は、兄2頭が超優秀で常に比較されながら、それでも頑張ったのが、1998年のラジオたんぱ賞(現ラジオNIKKEI賞)を勝ったビワタケヒデです。

 兄にビワハヤヒデ、ナリタブライアン。そのブライアンと同じ父ブライアンズタイムですから、期待するなって方が無理ってもんです。

 しかし、タケヒデくん、初勝利に3戦かかり、年が明けても2勝目を挙げられないまま、気づけば春のクラシックが終わっていました。

 が、6月中旬に500万下を勝つと、ラジオたんぱ賞に挑戦。ここで彼は見事な勝負根性を見せ、メイショウオウドウをクビ差抑えて優勝するのです。周囲からの大きな期待に応えられぬまま苦しんでいた彼が「僕だって!」と叫んだような、鮮やかな勝利でした。引退して20年、彼はいま北海道でのんびりと余生を過ごしているそうです。

 今年も面白そうなメンバーが揃いましたね。注目はやはり2戦2勝のフィエールマン。秋に向けて楽しみな1頭です。相手は福島で勝っているロードアクシス、グレンガリーなど、人気薄の馬も含めて3連複フォーメーションで手広く。計12点。

(俳優)

◎フィエールマン
○ロードアクシス
▲グレンガリー
☆マイハートビート
△キューグレーダー
△キボウノダイチ
△イェッツト   

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間