新居の生ネタ直送便

【土曜中京11R・白川郷S】コアレスキングは「8歳夏の今がピーク」

公開日:2018年6月29日 17:00 更新日:2018年6月29日 17:00

 コンスタントに使われていながらも、元気いっぱいなのがコアレスキングだ。

 尾形充厩舎の解散に伴い、3月に現厩舎に来てから今回で6走目。徐々に良化の兆しを見せてきた。

 前走の薫風Sは15番人気で0秒3差の⑤着。しかも、直線で寄られる不利があってのもの。スムーズなら馬券圏内もあったと思わせる好内容だ。

「8歳の夏を迎えますが、馬が本当に若いです」とは伊藤助手。

 さらに「かなりのハードトレーニングにもへこたれることなく、それに応えられるようになってきました。馬体もようやく絞れてきて、厚ぼったかった皮膚も薄くなってきました。それに伴って馬自身が動けるようになり、うるささも戻ってきたほど。元気が有り余るほどで状態はピークと言っていいくらいです」

 同じハンデ52キロだった2走前(丹沢S)は距離が長く、引っ掛かり気味だったが、今度は違う。軽量を生かして、馬券圏内に突入だ。

新居哲

新居哲

元ラガーマンの体力自慢。東の不沈艦とも言われ、怒涛の突破力を見せる男。今年からグリーンチャンネルの「トラックマンTV」にも出演している。馬を見る目にたけ、少しでも気になることがあればすぐに関係者に直撃! 国枝、木村厩舎に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間