大谷のメイン縦横無尽

【宝塚記念】ストロングタイタン頭勝負

公開日:2018年6月23日 17:00 更新日:2018年6月23日 17:00

得意シーズン+成長曲線

 ストロングタイタンのGⅠ初制覇だ。

 日によって気温の変化が激しいこの季節。人間でも体調を崩しやすく、身の回りにも夏風邪をひいている人がチラホラ。まして暑さに弱いサラブレッドにとっては、厳しい気候といえよう。

 そんな中で争われる上半期の頂上決戦。◎ストロングは夏場への耐性が大きな武器になる。

 2歳時は8月の小倉でデビュー勝ち。3歳時も夏の小倉で2連勝して、4歳の昨年も7月の中京でレコードVを決めている。そして、今年も5月の都大路Sこそ⑨着に敗れたが、6月に入った前走の鳴尾記念がレコードで重賞初制覇だ。

 全6勝中、実に5勝までが6月~9月上旬に挙げたもの。「暑くなって代謝が良くなると、体調を上げていく」と池江師も話すように、典型的な夏馬である。

 さらに、ここにきての成長も見逃せない。

 昨年の中山金杯⑨着や小倉記念⑧着のように、これまでは外からかぶせられるとモロさを出すケースがあった。それが、前走の鳴尾記念では終始馬混みで競馬して、直線も内ラチ沿いからスパッと抜け出してきた。

 メンコ、チークピーシズ着用の効果があったにしても、ひと皮むけたレースぶり。しかも、これまでは京都、小倉といった直線が平坦なコースでの好走例が多かっただけに、急坂がある阪神内回りで結果を出せたことも大きい。

 水曜の坂路ではしっかり追われて53秒7―12秒3をマーク。中2週と間隔が詰まっているが、夏馬らしい活気あふれる動きを披露した。GⅠ初挑戦でも、勢いと状態の良さはメンバー随一。大物食いをやってのける。

 3連単は頭固定で手広く流し、馬単の相手本線はパフォーマプロミス。ステイゴールド産駒は過去10年で5勝と宝塚記念にめっぽう強いだけに、軽視はできない。

大谷剣市

大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。トレセン取材からデーター分析まで様々な視点で勝ち馬を導き出す。堀、相沢厩舎などを担当。ジャッジは的確だ。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間