【宝塚記念】サトノダイヤモンド1F11秒7で最先着

公開日:2018年6月20日 17:00 更新日:2018年6月20日 17:00

内には首差

陣営の工夫で前進気勢取り戻す

 中間は“復権”へ向けて陣営が調整を工夫してきている。

 まず、坂路中心でテンから刺激を与えつつ、気合を乗せる攻め馬を続けて、先週のCウッド追いではチークピーシズを装着。さらに、3頭併走の2番手で、直線も真ん中へ。前進気勢を取り戻させようとしてきた。

 けさのCウッド追いでは…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間