【ユニコーンS】レース後の談話

公開日:2018年6月18日 17:00 更新日:2018年6月18日 17:00

①着ルヴァンスレーヴ(M・デムーロ騎手) 東京千六は走ったことがあって、芝スタートも経験してるから気にしてなかった。スタートが上手じゃないけど、二の脚が速くていいところにつけられた。ずっといい手応えで直線も馬なりだったし、すごく伸びたね。勝ちたい気持ちが大きいのがいいね。

②着グレートタイム(ルメール騎手) いい競馬したね。距離は短いんだろうけど、ペースが速くなかったんで楽に流れに乗れたし、直線もいい脚を使ってくれたよ。ただ勝ち馬はGⅠホース。強かったよ。

③着エングローサー(田中勝騎手) 勝ち馬は強かったんで仕方ないけど②着はあったな。道中はいい感じで運べたが、直線はグレートタイムに前をカットされてしまったよ。それでも内めをさばいて、②着争いではいったん出たんだけど。

④着ホウショウナウ(柴田大騎手) 素直で乗りやすいですね。千四を使ってきてたんで前半は少し一生懸命でしたが、すぐに息も入って楽に追走できた。直線でも最後まで頑張ってました。まだキャリア3戦目でこの競馬。先々が楽しみです。

⑨着グリム(川田騎手) 直線はもうグチャグチャ。前の馬にスペースがなくて、その後ろにいましたからね。終始、スペースがないまま終わってしまいました。馬は良くなっていたんですけどね。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間