【ユニコーンS】グリム坂路51秒6を余力残し

公開日:2018年6月13日 17:00 更新日:2018年6月13日 17:00

理想的なラップを刻んだ

 栗東の坂路では青竜S快勝のグリムが4F51秒6。道中は13秒8―13秒0―12秒5―12秒3と右肩上がりの理想的なラップを刻んできた。これでもラストは余力残しだ。「最後の1Fを伸ばすように指示。前走よりも良くなってる」と野中師のジャッジもいい。

 バイラは先週、Cウッドで6F78秒…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間