【マーメイドS】レース後の談話

公開日:2018年6月11日 17:00 更新日:2018年6月11日 17:00

①着アンドリエッテ(国分恭騎手) 内枠(3番)を頂いたんで、レースは内にこだわろうと。距離を稼いで最後に脚を使えればと思っていました。テンから行く馬ではないですし、前半は慌てないようにしながら。勝負どころからは外へ行った馬の内を突くような感じ。ええ、一瞬の脚が速かったですね。(初騎乗で)こういうチャンスをもらって結果を残せたので、これからもっと頑張っていきたいです。

②着ワンブレスアウェイ(津村騎手) ゲート内でガチャついてしまったけど、何とか出てくれました。いい位置で競馬もできたし、最後も狭いところを突いて伸びてくれました。あとちょっとだったんですけどね。悔しいです。

③着ミエノサクシード(川島騎手) 二千メートルの距離だけが不安でしたが、道中はうまく立ち回れたし、よく頑張ってくれました。それに上位馬とは斤量差もありましたから。

④着ヴァフラーム(富田騎手) 乗りやすい馬ですね。人気馬を見ながら運べましたし、イメージ通りに最後はいい脚を使ってくれました。ボク自身もいい経験をさせてもらいました。

⑤着ミリッサ(岩田騎手) 前半からうまく流れに乗って運べました。勝ち馬と一緒に上がって行きたかったんですが、相手の脚が上でした。

⑥着レイホーロマンス(岩崎騎手) 前半は流れていいペースと思ったんですが、向正面から急に遅くなって……。密集した中での競馬だったし、かといって(テンに)出して行くタイプでもないですから。人気に応えられなくて申し訳ないです。

⑦着キンショーユキヒメ(秋山騎手) 斤量の軽い馬との差が出たね。動きたいタイミングでシュッと動いていけなかった。結果的に中途半端になってしまいました。行くか、下げるかで思い切った作戦で乗ればよかったかもしれない。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間