大阪本紙・弘中 こだわり◎

【日曜阪神11R・マーメイドS】レイホーロマンスぶっこ抜く

公開日:2018年6月9日 17:00 更新日:2018年6月9日 17:00

 本命は牝馬重賞で頭角を現してきたレイホーロマンス。

 今年はGⅢ愛知杯②着、GⅢ中山牝馬S③着。51キロ、52キロの軽ハンデとはいえ、上がり最速の末脚でV争いに加わった。

 前走のGⅢ福島牝馬Sは⑤着だったが、ゴチャついた4角手前で他馬と接触する不利があった。並の馬なら戦意喪失のシーンなのに、そこからもう一度エンジンを点火。⑤着に突っ込んでくるのだから、勝負根性は実に非凡だ。

 今回はハンデ戦で2走前と同じ52キロ。前走勝ちのキンショーユキヒメ、④着トーセンビクトリーとは斤量差がついた。悲願の初重賞制覇へ、この好機は逃せない。

弘中勝

弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間