大谷のメイン縦横無尽

【日曜東京11R・エプソムC】名馬の血が集結グリュイエール タイトル獲得へ

公開日:2018年6月9日 17:00 更新日:2018年6月9日 17:00

 ◎グリュイエール。

 常識にとらわれてはいけないと、あらためて反省させられたのが、モズアスコットが連闘で制した安田記念。今春のGⅠではアーモンドアイがシンザン記念からの直行で桜花賞Vも。ホースマンの進化に対して、こちらも予想をアジャストしていかなくてはならない。

 そうはいっても、なかなか思考が追いつかないことも起きる。グリュイエールの前走にはとにかく驚かされた。

 両前脚の屈腱炎明けで2年1カ月ぶり。“常識的”にはひとたたき、いや2、3回使って無事なら、と思うところ。それを初戦からマイナス2キロときっちり仕上げて、いきなり結果を出してきたのだから凄い。

 さすが、全国リーディングを独走してる藤原英師の手腕だが、それに応えた馬自身の能力も相当なもの。二千二百メートル2分9秒9の日本レコードをマークした脚力はダテではなかった。

 ディープ産駒で祖母はクロフネの妹、母の父キングカメハメハと、金子真人オーナーが所有した名馬の血が集結。これだけ時間をかけて再起を待つことができたのも、期待の高さがあったからこそだ。

 ひとたたきした今回は、馬なり中心だった前走時より調教の強度を上げている。1週前は坂路の併せ馬でいっぱいに追われて53秒1―12秒2。今週も福永が騎乗して52秒0―12秒6と、強めに負荷をかけてきた。

 中6週と間隔をあけたローテなら反動の心配は無用。折り合い面を考慮すれば、千八への距離短縮もプラスに働く。

 勝った前走以上は間違いなし。遅れてきた大物が重賞初制覇を決める。

大谷剣市

大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。トレセン取材からデーター分析まで様々な視点で勝ち馬を導き出す。堀、相沢厩舎などを担当。ジャッジは的確だ。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間