【安田記念】レース後の談話

公開日:2018年6月4日 17:00 更新日:2018年6月4日 17:00

①着モズアスコット(ルメール騎手) 先生からは作戦は任せてもらっていたんですが、自分としてはこれといったプランはなくリラックスさせて力をためていこうと思っていました。インコースにこだわっていたわけではなく、他馬にぶつけられて、押し込まれただけ。バランスを崩さないよう、待機してたんだよ。隙間ができるのを待って待って、開いたところでムチを使ってここぞ!と合図を。よく反応してフィニッシュまで強くしっかり力を出し切ってくれたね。

②着アエロリット(戸崎騎手) 前走よりも状態はすごく良かったですね。柔らかみがあって精神的にもいい感じでした。ハナの手もあるかと思っていましたが、外が主張してきたのであの位置からに。その中でも上手に走れていましたね。直線も持ち味のしぶとさでよく頑張ってくれました。

③着スワーヴリチャード(M・デムーロ騎手) すごく頑張ったね。初の千六でもいいスタートを切って、いいポジションを取れたよ。ただ、直線はあまり伸びなかったね。いい手応えの時はもっと伸びる馬なんだけど……。ゴールの後、少しおかしいなと感じたし、もしかしたら夏バテだったのかも。厩舎サイドもそう言ってたよ。

④着サトノアレス(蛯名騎手) 突き抜けたかと思ったんだけどねえ。ちょうど頭を下げた時にゲートを切られて出遅れたけど、ペースを考えればあのポジションで良かったと思う。直線は前に並びかけるまでは速かったんだが、そこからは同じ脚色になってしまったよ。

⑤着サングレーザー(福永騎手) 意識的にポジションを取りに行ったよ。イメージ通りの競馬ができたし、道中の走りもリラックスしていい感じで運べた。ただ、結果的に、なし崩しに脚を使うことになってしまったのかな。

⑥着ペルシアンナイト(川田騎手) 直線は道をつくることができず、本当に申し訳ないレースになってしまいました。

⑦着ウインガニオン(津村騎手) 自分のレースはできましたね。最後まで止まってないし、そう差のないところで踏ん張ってます。夏もまた頑張ってくれそうです。

⑧着リスグラシュー(武豊騎手) デキは良かったけど、タイムがきつかったね。この馬には少し馬場が渋るくらいの方が合ってるよ。

⑨着レッドファルクス(田辺騎手) 淡々と流れるペースで脚を温存できませんでしたね。後ろからになったけど、小出しに脚を使っている感じになってしまいました。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間