サングレーザーの生産者を直撃 「距離適性に幅」の真意

公開日:2018年6月2日 17:00 更新日:2018年6月2日 17:00

ダービージョッキーも自信満々

「きょうだいとも育成時代は、馬体の幅が薄くて、トモが緩かった。当時500キロ近くありましたが、とてもそのサイズには見えなくて、よくなるのは3歳の秋から古馬になってからと思っていました。前走のレースぶりを見ると、完成に近づいてきた印象です」

 笑顔でそう語るのは、追分ファームリ…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間