亀井記者の血統ロックオン

【土曜阪神11R・鳴尾記念】持続力が生きるコースならトリオンフの出番

公開日:2018年6月1日 17:00 更新日:2018年6月1日 17:00

 一千万下から3連勝でGⅢ小倉大賞典を制したトリオンフ。好位付けからの早めスパートを武器に出世街道をバク進してきた。

 ここ2走は⑧④着で小休止。GⅠ大阪杯は出遅れがすべてだし、前走の新潟大賞典はトップハンデで苦手な瞬発力勝負では分が悪かった。

 そう、いずれの競馬も持久力を生…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

亀井辰之介

亀井辰之介

 競馬好きの父親の影響もあり、子供のころから競馬中継を一緒に観戦。最初は父親が馬券を当てるともらえる臨時の小遣いが目当てだったが(ただし、父は穴党だったため、あまり的中した記憶はない……)、ある日、シンボリルドルフといういかにも強そうな名前の馬が、強く勝つ姿に魅入られたのが競馬ファンになったはじまり。
 その後はテレビゲームの競馬ソフトにどっぷりハマり、今までに遊んできた競馬ゲームは数知れず。その時に競走馬の配合の奥深さを知り、血統に興味を持ったのが今の予想スタイルの根幹か。現在でもたまにゲームをたしなみ、好きだった競走馬の産駒を活躍させることが小さな喜び。
 予想スタイルはもちろん“血統”。各馬の血統を分析。得手、不得手を見極め得意条件に出走する時に狙い撃ち! 好配当を目指します。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間