木津のジョッキー直撃!

【土曜京都11R・平安S】丹内コスモカナディアン金星狙う

公開日:2018年5月18日 17:00 更新日:2018年5月18日 17:00

 今週はオークス、そして来週はいよいよ春競馬のクライマックスであるダービー――。クラシックが終わると、夏競馬がグッと近づく。

 毎年、函館→札幌の北海道シリーズを主戦場にしている丹内も、その季節を楽しみにしている一人。これも函館競馬場の近所で生まれ育ったから。故郷に錦を飾るシーズンは間近だ。

「今年は開幕週に地元のホテルがイベントを企画してくれているので余計に待ち遠しいです」

 それは6月14日(木)に函館市末広町にあるホテルシーボーン(℡0138・27・4411)で開催される「丹内祐次騎手と語ろう」というトークショー。

 会費は前売り6000円、当日6500円とちょっとお高めだが、ディナーショー形式で「見合う面白い裏話やプレゼントを用意します。絶対損はさせません!」とのこと。興味のある方はぜひ参加してみては(詳しくはHPを参照)。

 そんなイベントも控えているだけに「ここらで目立つレースをしないと(笑い)」。平安Sのコスモカナディアンで一発を狙っている。

――アンタレスSは⑬着と惨敗してしまいました。
丹内騎手「1コーナーに入った時は“いいポジションだな”と思いましたが、結果的に勝浦さん(ディアデルレイ)の後ろに入れて落ち着かせればよかった。ちょっと噛んでいましたから。それに直線でバテて下がってきた馬をさばけなかったのも痛かったです。消化不良でしたね」

――中間はどうですか。
「今週のケイコにまたがる予定だったんですが、厩舎サイドから“乗ると時計が速くなるからこっちでやる”って。確かに時計感覚が分かりづらい(苦笑い)。スタッフがしっかりやってくれるでしょうから、仕上がりは何の心配もしてませんよ」

「夏に向けて人馬ともにアピール」

――では、あらためて。
「相手は揃っていますが、スムーズな走りができれば通用するはず。実際、ここで人気になるテイエムジンソクやグレイトパールと接戦してるわけですから。夏に向けて人馬ともにアピールしておきたいので、金星狙って頑張ります!」

木津信之

木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間