【栗東S】差しの利かない馬場で波乱の決着

公開日:2018年5月14日 17:00 更新日:2018年5月14日 17:00

①着ウインムート(松山騎手) スタートは良かったんですが、行く馬がいて2番手から。リズム良く運べましたね。抜け出してからも、しっかりと伸びてくれました。少し間隔はあいてたのに、強い競馬ができたと思いますよ。

(加用調教師) 先週より今週の動きが良かったのが、競馬につながったね。馬場、展開とうまくいった感じ。賞金を加算できたことは大きい。

②着ブラゾンドゥリス(丹内騎手) 外めの枠からもまれない競馬ができましたね。今回、初めて着けたブリンカーも効いていたと思います。

③着キタサンサジン(太宰騎手) この馬場で内枠なのでハナを主張しようと。しぶとく頑張ってくれてるんですが勝ち馬が強かったですね。

⑨着ファッショニスタ(松若騎手) 前が止まらない馬場でしたから。ゲートで出遅れたことがすべてでした。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間