【ヴィクトリアマイル】日本人ジョッキーが意地を見せる

公開日:2018年5月14日 17:00 更新日:2018年5月14日 17:00

〝デム・ルメ〟にやられてばかりじゃない

 ジュールポレールの鞍上・幸はヴィクトリアマイル初制覇。昨年の高松宮記念=セイウンコウセイ以来となるGⅠ7勝目となった。

 昨年のGⅠ戦線は24鞍のうち、M・デムーロ=6勝、ルメール=4勝。短期免許のムーアらを合わせると、外国人ジョッキーによる勝利が過半数の13勝にまで上った。

 一方、日本人ジョッキーでは武豊がキタサンブラックで4勝したが、あとは川田の2勝が目立った程度だ。

 それが、今年はフェブラリーSでノンコノユメの内田が3年9カ月ぶりのGⅠ制覇。皐月賞でも戸崎がエポカドーロ、天皇賞ではレインボーラインの岩田が。そして、NHKマイルCでは藤岡佑がケイアイノーテックでGⅠ初制覇を決めるなど、日本人ジョッキーが気を吐いている。

 オークス、ダービーと佳境を迎える春競馬。昨年はルメールがヴィクトリアマイルから3週連続Vの離れ業を演じたのは記憶に新しい。

 今年は日本人ジョッキーが意地を見せるシーンがあるか。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間