大阪本紙・弘中 こだわり◎

【日曜阪神11R・フィリーズレビュー】アリア波乱を演出

公開日:2018年3月10日 17:00 更新日:2018年3月10日 17:00

桜花賞へ渾身仕上げ

 渾身の仕上げ――。アリアが勝つ。

 人気はともかく、その実力は上級レベルだ。

 デビューから6戦は函館2歳S③着を含む①③②⑨⑥①着。崩れた3走前は外傷明け、2走前のつわぶき賞はスタートで大きくつまずいて、アブミが外れるアクシデントがあった。それでいて、今回人気のアンコールプリュとは0秒5差。人気ほどの実力差はない。

 前走のなずな賞は能力をフル発揮。道中はロスなく内を走らせ、馬群内で我慢させると、3角過ぎには早めに大外へ。包まれる、進路が塞がるなど、よもやのアクシデントを避ける安全運転の競馬だ。

 そして、手応えにおつりを残しながら差し切り、上がり3Fは最速の34秒8。安全策で、きっちりと結果を出してきた。

「連戦が続いていたんで、前走後は短期放牧を挟んで調整。桜花賞を狙うにはここと決めて仕上げました。沖先生もラストイヤーだし、GⅠへ使いたい」は杉山助手。

 なるほど仕上げも強めた。1週前にはCウッド6F82秒6、1F12秒7で古馬を手応えで圧倒すると、水曜坂路は上がり重点で2F24秒8―12秒7をマーク。まさしく万全。勝って桜花賞へ突き進む。

弘中勝

弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間