【弥生賞】完勝ダノンプレミアム 本当に死角はないのか

公開日:2018年3月5日 17:00 更新日:2018年3月5日 17:00

 皐月賞の最重要TR、GⅡ弥生賞は1番人気ダノンプレミアムの完勝で終わった。

 今回もこの馬のセールスポイントがすべて出た完璧な競馬だ。いいスタートを切り、逃げたサンリヴァルの2番手をスッと取った。4コーナーでは馬場のいい外めに出すほどの余裕まで。川田は結局ノーステッキ。これで重賞3連勝を含む4戦4勝である。

 中山コース、距離とも無事にクリアした以上、死角らしい死角はなかなか見えてこない。

 では、皐月賞もダノンプレミアムで決まりなのか――。過去の歴史は決してそうではないことを物語っている。

 01年以降、弥生賞→皐月賞を連勝したのは01年アグネスタキオン、05年ディープインパクト、10年ヴィクトワールピサだけ。17頭のうち、ほぼ半数の8頭は馬券圏外に消えているからだ。

 そう、同じ競馬場、同じ距離であるにもかかわらず、意外にこの2つのレースは結びつきが弱い。

 ダノンプレミアムにも“重箱の隅”と言われるかもしれないが、死角はある。

ハイペース、外めの枠、初の中5週

 今回は5F61秒5のスロー。4馬身ほど後ろの2番手はベストポジションだった。皐月賞ではこんなにペースが遅くなることはないだろう。

 また、外のサンリヴァルがハナに行った際、少し行きたがる面も。好位置につけられるセンスがアダになり、むしろ、ハイペースに巻き込まれる危険だってありうる。

 また、この4連勝はいずれもひとケタ馬番。今回の9番枠が最も外である。いくらスタートセンスが良くても、かなりの外枠を引けば多少のロスはあるだろう。

 また、川田、中内田師ともに挙げた課題が「前向き過ぎる面が出たので、そこが抜けてくれれば」というもの。これまでは必ず2カ月以上レースをあけていたが、皐月賞は中5週になる。テンションの面でも、疲労回復の面でも次は初めて“詰まった”ローテだ。

 今回のレース内容はあまりにも完璧だった。ただ、それでも勝てると言い切れないのが1冠目の皐月賞だ。これらが杞憂に終わるか、現実になってしまうか。その答えは4月15日に出る。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間