木津のジョッキー直撃!

関東若手の注目株・武藤さらなる飛躍へ

公開日:2018年3月3日 17:00 更新日:2018年3月3日 17:00

先週までに11勝

 ジョッキーはトレセンでデビューして1年間ヘルメットに黄色のカバーを着けて、まだ見習の延長線上のような扱い。
 2年目以降は青色になり、周囲からようやく一人前と認められる。

 今週から青帽になるのが武藤だ。

「黄色の方が目立っていいんですけどね(笑い)。まあ、それは冗談として青帽になって、気がより一層、引き締まる思いです」

 とはいえ、先週も2勝②着1回と存在感を示して、今年すでに11勝をマーク。関東若手の注目株となり、さらなる飛躍が期待されている。

 当然、オファーも殺到。「関東の若手を育てたい」という戸田師の計らいから、弥生賞で再び手綱を任されたアサクサスポットをはじめ、騎乗予定は8頭。上位争いが期待できる馬もいて、今週も勝ち星を計上できそうなラインアップだ。

――弥生賞で騎乗するアサクサスポットはダートでしたが、いい勝ちっぷりでしたね。

武藤騎手「ええ。道中は砂をかぶったら、嫌がってポジションを下げてしまったんですが、最後、外に出したら凄い伸び。素質の高さを感じましたね」

――今週の追い切りにもまたがりました。感触はどうでしたか。

「良かったですね。併せた古馬に軽く仕掛けた程度で1馬身ほど先着。余裕のあった体が絞れて、素軽くなっていました。グンと上向いた感じです。芝は初めてでも、手先が軽いのでこなしてくれると思いますよ」

――権利を狙って一発狙いですね。6R3歳五百万下のゴールドギアはテン乗りになりますが、今週の調教をつけました。

「指示よりも少し時計が速くなってしまって申し訳なかったです。でも、楽に動けていたから問題ないと思いますよ。凄くいい馬だなという印象です」

――どのようなイメージで臨みますか。

「折り合いがついて、レース運びはしやすそうです。鍵は上がりやすいテンションでしょうか。落ち着いて競馬に向かえるように心掛けたいですね。(伊藤圭)先生の指示をしっかり聞いて、いい結果を出せるように頑張ります」

木津信之

木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間