【阪急杯】レース後の談話

公開日:2018年2月26日 17:00 更新日:2018年2月26日 17:00

①着ダイアナヘイロー(武豊騎手) 先生にはホント、お世話になっていたし、この馬にも去年はいいレースをさせてもらってました。その馬の最後の重賞。ただ、そのことだけを考えて。途中から先手をとる形でしたが、いいリズムで運べました。さすがに最後はいっぱい、いっぱいでしたが、“何とか勝たせて”と競馬の神様に祈りました(笑い)。競馬はこういうことがありますね。

福島師 ゴール前はやっぱり力が入りましたね。この結果で、引き継ぐ大根田厩舎も張り合いが出るんじゃないかな。GⅢだけじゃなく、GⅡ、GⅠでも活躍できるよう応援していきます。

②着モズアスコット(ルメール騎手) 外枠で大変だった。ペースがあまり速くなかったので、少し引っ掛かった面もあったしね。その分、反応が遅かった。でも、最後はよく伸びてたし、次が楽しみになる内容だった。

③着レッドファルクス(川田騎手) しまいの脚を生かしてほしいの指示でした。自分のリズムは守れたし、直線もモズアスコットの後ろから伸びてくれたんですが。着差が着差だけに申し訳なかったけど、休み明けとしてはいい脚を使ってくれたと思います。

⑥着シュウジ(福永騎手) 4角までいいリズムで運べてたんですが……。スローの団子でうまくスペースを見つけることができませんでした。

⑫着アポロノシンザン(津村騎手) ゲートを蹴ってる時にスタートを切られてしまって。2番手からでも上手に競馬はできたけど、きょうは3~4角で手応えが怪しくなってしまった。

⑮着カラクレナイ(池添騎手) 中団あたりで折り合いもついて、うまく運べたと思う。ただ、さあこれからという時に前走のような反応がなかった。よく分かりません。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間