同時進行!週刊馬券小説「止まり木ブルース」

フェブラリーSではテイエムジンソクを軸にして〝寂として声なし〟。中山記念の軸は簡単に決まったが、相手が問題だ

公開日:2018年2月24日 17:00 更新日:2018年2月24日 17:00

 今では、並の打ち手に成り下がったが、ガキの頃は、

「右手に賽コロ、左手に麻雀牌を握って生まれてきたのでは……」

 と噂されたほど、健坊、麻雀が強かったらしい。

 フリー打ちの雀荘もまだなく、顔見知りの人間が自然と集まる場末の雀荘で、互いに相手の懐具合を読んでレートを決め…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間