【クイーンC】レース後の談話

公開日:2018年2月13日 17:00 更新日:2018年2月13日 17:00

①着テトラドラクマ(田辺騎手) 逃げも考えていましたよ。力みやすいからリズム良く行ければと思っていたので。スタートも決まったから、あの形になりました。センスはあるし、どんな相手でも頑張ってくれる。これからも楽しみです。

②着フィニフティ(川田騎手) 2回目でちょっと力むところもあったので、あの位置からの競馬になりました。しまいは期待通りの脚を使ってくれましたし、きょうの馬場状態を考えたらよく来たなと。距離はもっと延びた方がよさそうなので今後が楽しみです。

③着アルーシャ(ルメール騎手) ハイテンションだったね。まだ若くて競馬が分からずに掛かっていたし、直線でもハミを噛んでいたよ。リラックスしていれば、最後もっと伸びたと思います。

④着オハナ(石橋騎手) うまくスタートを切れたから、ツヅミモンの後ろを取りたかったんですけどね。出していって中に入れようとするとロスも大きいので、いったん下げて落ち着かせて走らせました。しまいは伸びてくれたけど、きょうは外枠がキツかったです。内枠だったら、もっと際どかったと思いますよ。

⑤着マウレア(戸崎騎手) スタートからいい感じで走れて、ポジションも取れたんですけどね。しまいの反応がなかったです。返し馬でも若さを見せていたし、難しい面が出たのかも。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間