東京本紙・外山 攻め一直線

【日曜東京11R・共同通信杯】ゴーフォザサミット3連勝でクラシックへ

公開日:2018年2月10日 17:00 更新日:2018年2月10日 17:00

好時計で百日草特別に勝利

まだ底を見せてない

 ゴーフォザサミットは底が知れない好素材。それを示すのが陣営の感触と結果とのギャップだ。

 余裕残しだった初戦こそ⑤着に敗れたが、体が絞れた2戦目からは2連勝。しかし、乗った蛯名、シュミノーはともに「まだ緩いし、晩成型だよ」。

 未勝利は中山の急坂をモノともしないブッコ抜き…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

外山勲

外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間