【きさらぎ賞】レース後の談話

公開日:2018年2月5日 17:00 更新日:2018年2月5日 17:00

①着サトノフェイバー(古川騎手) スタートが上手。そこまで行く気はなかったけど、出て行くから控えるよりも自分のリズムで。4角でも手応えは十分。よく②着馬を振り切ってくれたね。最後は苦しくなったとはいえ、まだいっぱいという感じでもなかった。2戦目でこの競馬ができるし、まだセンスだけで走っている感じ。これからも楽しみです。

②着グローリーヴェイズ(M・デムーロ騎手) よく頑張った。いい競馬をしてくれたし、あとちょっとだった。

(尾関調教師) 勝てなかったのは残念。馬場を少し気にしていたとのことでした。ただ、2戦ともに超スローでしか走っていなかったので、よく結果を出してくれたとは思います。

③着ラセット(藤岡佑騎手) 勝ち馬の後ろで向正面は予定どおり。3角で動いてくる馬がいたけれど、4角からはスムーズで、外に出した時は届くかなと。思った以上に①、②着馬が脚を使いましたね。さらにパワーアップすればですが、悪い競馬ではなかったですよ。

④着レッドレオン(岩田騎手) ゲートを出ていい形でレースができたし、直線もしっかり反応してくれました。キャリア1戦で、これだけ走れるんだから力があります。

⑤着カツジ(松山騎手) スタート良く流れに乗れていましたが、追って手応えがなくなり、伸びなかったですね。調教の動きから太めは感じなかったんですが。

⑨着ダノンマジェスティ(松若騎手) 調教ではなかったんですが、競馬で前走同様に左に張る面を出してしまって。それが敗因ですね。これが直ってさえくれたら。

(音無調教師) テンから折り合いを欠いていた。初戦と同じ(外へ逃げる)だったし、ハミは替えた方がいい。一度、放牧に出して、左回りの中京、東京あたりを考えていきます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間