【シルクロードS】レース後の談話

公開日:2018年1月29日 17:00 更新日:2018年1月29日 17:00

①着ファインニードル(川田騎手) 前にも重賞を内枠でいいレースをしていたし、そのイメージで乗れたらいいと考えていました。流れも理想的で何の心配もなくレースができましたね。以前よりコントロールが利くようになってきたし、上手にレースを組み立てることができるようになってきました。その分、しまいで脚を使えるんだと思います。上の舞台でも楽しみです。

②着セイウンコウセイ(松田騎手) 復調の兆しを見せてくれましたね。きょうはスタートも速くて逃げられるくらいまで行きっぷりが戻ってましたから。GⅠ馬だし、このまま順調にいってくれれば次も楽しみです。

③着フミノムーン(国分優騎手) 厩舎の方がしっかりと仕上げてくれました。状態の良さが最後の伸びにもつながってくれたと思います。できれば②着以内で賞金を加算したかったけど、久々にいい競馬をしてました。

④着カラクレナイ(池添騎手) 4角手前から動いていく形になりましたが、最後まで脚を使ってくれています。先行、内を走った馬が①②着。外を回るロスがあった中でも頑張ってくれたし、この路線でもやれますね。

⑪着アレスバローズ(M・デムーロ騎手) きょうはツキがなかったね。4角で窮屈になって、進路がなかったから。外枠の方が良かった。

⑯着ダイアナヘイロー(武豊騎手) 展開も位置取りも悪くなかったと思う。でも、4角で手応えがなくなってしまった。もともと気分屋だし、そんな面が出たのかも。それに馬場も悪すぎた。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間