【東海S】テイエムジンソク今度はGⅠに手が届くか

公開日:2018年1月22日 17:00 更新日:2018年1月22日 17:00

強力逃げ馬不在が追い風に

 中京で行われたダートのGⅡ東海Sは、暮れのGⅠチャンピオンズCで②着だったテイエムジンソクが逃げ切りV。単勝1・3倍の圧倒的人気に応えた。

 その前走、チャンピオンズCの①③着はゴールドドリーム、コパノリッキー。フェブラリーS馬と、史上最多の交流GⅠ11勝の大記録を打ち立てたダート界を牽引する2頭に、GⅠ初挑戦で割り込んでいる。やはりGⅡともなれば、一枚も、二枚も“格”が違った。

 レースは好発からハナへ。主導権を握り、そのまま押し切る横綱相撲だった。②着コスモカナディアンとの4分の3馬身差は一見、“迫られた”印象だが、直線は追い出しを十分我慢し、よく見るとゴール前も目いっぱいに追われていない。つまり、余力十分の勝利だったのだ。

 それでいて、重賞勝ち馬が5頭いた③着以降は6馬身差と離しているから強いのひと言。大目標のフェブラリーSが楽しみになってきた。

“自分で競馬をつくれた時にはとにかく強い”ということを、あらためてきのうの勝利で証明しただけに、前記コパノの引退は大きい。

 というのも、チャンピオンズCはそのコパノを見る2番手から。結果、後半4Fが12秒3―12秒0―11秒8―12秒4という上がりの速い競馬に“お付き合い”して粘られた。

 一方、今回は完全に自分の形。向正面の5Fから12秒0―12秒2とペースアップし、得意のスタミナ勝負に持ち込んで後続の切れ味を完全に封じ込んだ。何より、次走は自身初のマイル戦。テンのスピードはあるとはいえ、強力同型がいなくなったことは大歓迎だ。使うごとに強さを増す今のテイエムには明らかな追い風となる。GⅠ2度目の挑戦でダート界の頂点が見えてきた。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間