【アメリカJCC】レース後の談話

公開日:2018年1月22日 17:00 更新日:2018年1月22日 17:00

①着ダンビュライト(M・デムーロ騎手) 調教で乗っていい状態だな、と分かっていました。前に行くとフワッとする面があるようだったけど、マイネルミラノが行ってくれたので良かったよ。道中は2番手でレースを進められて直線はいい脚を使ってくれたね。すごくいい勝ち方をしてくれた。能力はとても高いと思うよ。

②着ミッキースワロー(菊沢調教師) きょうみたいにタテ長の展開は難しいからね。それでもジワッと上がって行く競馬ができたし、今後、距離を延ばしていく意味では収穫のあったレースだと思います。

③着マイネルミラノ(柴田大騎手) 頑張ってくれて、ほんとにえらい馬ですよ。衰えているわけではないですからね。ただ、きょうは行かせてもらった感じなので、もっと距離が長い方がいいかもしれません。

④着ディサイファ(蛯名騎手) 3角がきつかった。外から押し込まれて、外へ切り返さなきゃいけなかったから。あれがなければ、③着はあったと思う。

⑤着トーセンビクトリー(田辺騎手) もう少し前に行きたかったんですが、折り合いがついていい感じでした。最後はジリジリになってしまいましたね。それでも、後ろからの馬にかわされたわけではないですから。

⑥着ショウナンバッハ(戸崎騎手) スタートは出て行かないと思ったけど、行きっぷりが良くてグイグイと。あの感じなら、もう少し距離を縮めてもいいかもしれないですね。

⑦着レジェンドセラー(ルメール騎手) 重賞は難しいですね。二千四百メートル以上ならOKですが、二千二百メートルではちょっと難しいね。

⑪着ゴールドアクター(武豊騎手) 返し馬からあんまりいい走りじゃなかったかな。レースも“らしく”ないし、前と後ろのバランスも全然、良くなかったからねえ。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間