データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

ジェネラーレウーノは“ホームラン”の可能性

公開日:2018年1月16日 17:00 更新日:2018年1月16日 17:00

あっさり勝負を決めて3連勝

 中山のGⅢ京成杯は、ジェネラーレウーノが2番手からあっさり勝負を決めて3連勝となった。

 父はジャパンC馬スクリーンヒーロー。これまでモーリス、ゴールドアクターと2頭のGⅠ馬を出した一方、勝ち上がり率は決して高くない、いわゆる“三振かホームランか”というタイプ。

 ジェネラー…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

【動画】日曜の注目レースを大胆予想!

  • アクセスランキング
  • 週間