【土曜中京11R・愛知杯】強い4歳世代 リカビトス末脚切れる

公開日:2018年1月12日 17:00 更新日:2018年1月12日 17:00

八ヶ岳特別までは3戦3勝

 中山金杯は明け4歳セダブリランテスが制した。18年も4歳勢強しの流れだ。本命は最強世代の一頭、リカビトス。

 デビュー3連勝の勢いは前走、秋華賞⑩着でストップした。だが、1度の敗戦では見限れない。実際、重賞初挑戦が格上GⅠチャレンジであり、雨中のレースを4角は大外を回る形だ。…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

勝羽太郎

勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

【動画】日曜の注目レースを大胆予想!

  • アクセスランキング
  • 週間