【シンザン記念】レース後の談話

公開日:2018年1月9日 17:00 更新日:2018年1月9日 17:00

①着アーモンドアイ(戸崎騎手)

 頭を下げた時にゲートを切られてミスしたけど、ケイコで凄い脚を持ってるのは分かっていた。その後はリラックスしていたので、道中は自信を持って乗りました。直線も本当に強いなと感じる伸び。(稍重で)このパフォーマンスだし、馬場を問わないのも強みですね。

②着ツヅミモン(秋山騎手)

 ケイコに乗った感触が良かったからね。やれる手応えは感じていました。二の脚が速くて楽にいい位置が取れたし、思い通りの競馬はできたと思います。力も見せてくれたけど、きょうは勝ち馬が強かった。

③着カシアス(浜中騎手)

 他馬より重い斤量を背負っているし、こんな馬場も影響したと思います。その中でしっかり走ってくれた。レースセンスがいいので、距離にも対応してくれました。

④着ファストアプローチ(M・デムーロ騎手)

 跳びが大きい馬なので、内枠は大変だった。最後は凄く伸びたけど、エンジンのかかりが遅いタイプみたいで、きょうのようなヨーイドンの競馬もよくないね。

⑤着カフジバンガード(藤岡康騎手)

 前かきをしている時にゲートを切られてしまって……。馬場を考えれば、最後はよく差を詰めています。きょうはスタートと馬場が全てですね。

最新記事一覧

【動画】日曜の注目レースを大胆予想!

  • アクセスランキング
  • 週間