【中山金杯】レース後の談話

公開日:2018年1月7日 17:00 更新日:2018年1月7日 17:00

①着セダブリランテス(戸崎騎手) 例年、1~2月はボクの調子が良くないんですが、馬の方が応えてくれて。勝ててうれしいです。状態がすごく良く感じましたし、3~4角でフラついたけど、直線ではしぶとく伸びてくれました。今年もリーディングを取れるよう頑張っていきたいです。

②着ウインブライト(松岡騎手) 仕方ない。きょうは相手が強かったということ。勝負どころで外へ持ち出すことも考えたけど、勝ち馬がエンジンがかかってきていたから内へ。残念。

③着ストレンジクォーク(柴山騎手) もっと早めに踏んで行きたかったですけどねえ。でも、きょうはクラスが上がって、このメンバーが相手でしたからね。よく頑張ってくれましたよ。

⑤着ダイワキャグニー(菊沢調教師) テンションが高く、位置取りからもきょうは全然ダメかと思った。それでも、いつもと違う形で最後は差のないところに。右回り2戦目を考えれば、上出来でしょう。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間