【天皇賞】レース後の談話

公開日:2017年10月30日 17:00 更新日:2017年10月30日 17:00

①着キタサンブラック(武豊騎手) パドックでまたがったとき、活気に満ちた歩様をしていて状態の良さを感じましたね。返し馬でもきょうは特殊な馬場なので走り方をチェックして、こなせるな、と。ゲートで突進してあの位置になったけど、大事なのはポジションではなく、リズムさえ守ればと思ってました。実際、道中の走りもすごく良かったです。最後も②着馬の足音は聞こえてましたが、来ればまた伸びるので押し切ってくれると思っていましたよ。

②着サトノクラウン(M・デムーロ騎手) こういう馬場は決してうまくはないけど、他馬はもっと苦にしたと思う。最後までよく頑張ってくれたが、キタサンは止まってくれなかったよ。

③着レインボーライン(岩田騎手) 直線で一瞬グッときた時はやったかと思ったけどね。道中は馬群の内めをうまく立ち回れたし、道悪も上手に走れていたよ。力を出し切れたね。

④着リアルスティール(シュミノー騎手) 強いて挙げればゲートが良すぎたことかな。テンに力んで力を使ってしまった。直線は伸びてないように見えたかもしれないけど、しっかり伸びていたよ。負けて強しの内容だったと思う。良馬場なら、はじけていたんじゃないかな。

⑤着マカヒキ(内田騎手) スタートは出たけど、この馬場だし押して行くとバランスを崩してしまいそうだったんで。それであの位置からになったんだ。4角前でペースが上がった時もリズムを重視して押し出しは直線に入ってから。いい伸びだった。それにしてもキタサンはこの馬場でもスイスイ進んでいたね。

⑥着ソウルスターリング(ルメール騎手) レースがスムーズじゃなかったね。それに①②着は内から。この馬は外からでかなりの距離ロスがあったよ。道悪は大丈夫だったんで、スムーズなら③着くらいはあったんじゃないかな。

⑦着ディサイファ(柴山騎手) もう少し前につけるイメージでいたんだけど、後ろを蹴った時にゲートが開いてしまいあの位置に。悔しいけどよく頑張ったよ。

⑧着サクラアンプルール(蛯名騎手) 道悪は得意じゃないね。バランスを崩さないように、がっちりハミをかけて乗らなければならなかったよ。直線は馬場のいいところを選んで押し出したんだけどね。きょうはこんな馬場で内枠を生かせかったな。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間