同時進行!週刊馬券小説「止まり木ブルース」

「大敗後で人気が落ちるなら、絶好の勝負どころ」とキタサンを指名した健坊。だが、これまで何度も相手を間違えて……

公開日:2017年10月28日 17:00 更新日:2017年10月28日 17:00

 口にこそしないが、
「もう無茶はできない……」
 漠然とその思いを健坊が覚えたのはいつ頃のことだったか。

「なんとかならぁね」
 で、色のついた帽子が走ってりゃ、競馬はムロンのこと、オート、競艇まで張りまくり、1000点5000円の高額レートの麻雀、ひと晩で200万、300…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間