【スプリンターズS】レース後の談話

公開日:2017年10月2日 17:00 更新日:2017年10月2日 17:00

①着レッドファルクス
(M・デムーロ騎手) 連覇の自信はありましたよ。調教のビデオを見たら、すごく具合が良さそうでしたから。実際、パドックでまたがったときも落ち着いていましたしね。思ったよりも位置取りが後ろになったけど、手応えが良かったので直線までスムーズに行ければ、と思ってたんです。その通り、手前を替えてから素晴らしい伸びを見せてくれました。

②着レッツゴードンキ
(岩田騎手) 夢を見すぎたなぁ~。スタートが決まったし、内枠を利していいポジションで運べたよ。直線も内ギリギリを突いてよく伸びてくれた。ゴール前でいったんは抜け出しただけにね……。あそこまでいったら勝ちたかったよ。

③着ワンスインナムーン(石橋騎手) ハナに行くイメージを持っていたし、自分の思っていた展開で運べましたね。スーッと楽に行けて、直線入り口では突き放せました。納得のいくレースはできました。

④着スノードラゴン(大野騎手) デキは良かったですね。高速決着でしたが、内、内で脚をためることができたし、レースの形はうまくつくれました。直線も最後までよく伸びてます。頑張ってくれました。

⑤着ブリザード(モッセ騎手) スタートが遅くて最初に周りのプレッシャーを受けてしまった。なので、バランスを取り戻しながら徐々にポジションを上げていった。直線で外に勝ち馬が来た時に一緒に上がっていこうと思ったけど、ついて行けなかった。負けはしたけどいいレースができたので満足してるよ。

⑥着ビッグアーサー(福永騎手) 好発からリズム良く運べたけど、3角で外からかぶせられた時に力んだ分がこたえたかな。それでも残り100メートルまでは踏ん張っていたし、9カ月半ぶりだったことを考えれば、地力は見せましたよ。

⑦着メラグラーナ(戸崎騎手) 馬の感じはこれまでで一番いいくらいでしたよ。もう少しペースが流れるかなと思ったんですけどね。後ろからでは届かない、そんな競馬になってしまいました。

⑧着ダンスディレクター(浜中騎手) 馬の状態は前走時より良く感じました。ただ、大外枠はつらかったです。ペースは遅くて上がりは速いという展開の中、馬群に潜り込むこともできず、厳しかったです。

⑪着セイウンコウセイ
(幸騎手) 直線でビッグアーサーの外に持ち出した時にはやれると思ったんですけど、もうひと伸びがなかったですね。もまれる経験があまりなかったんで、タイトな展開で気を使ったのかな。それくらいしか敗因が思いつかないです。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間