【神戸新聞杯】レース後の談話

公開日:2017年9月25日 17:00 更新日:2017年9月25日 17:00

①着レイデオロ(ルメール騎手) スタートが速くてびっくり。スタミナがあるし、道中も息が入ってました。最後もよく伸びて楽に勝てました。返し馬も乗りやすく、リラックスして走れた。春より頭が良くなったと思います。ジャパンCは秋のメインターゲット。今回はコンディションが100%じゃなかったし、馬も良くなってくると思う。楽しみですね。

②着キセキ(M・デムーロ騎手) 折り合いがついて運べたけど、スムーズな競馬ができなかったね。狭いところを走らされたし、最後もジリジリとした感じになって、いつものように切れなかった。この馬は勝った時のように、ヨーイ・ドンの競馬が合っていますね。

③着サトノアーサー(川田騎手) 前半は今までで一番、ついていくことができました。多少は力む面があったけど、それもすぐに落ち着いてくれたしね。次に向けて内容のあるレースをしてくれたと思います。

④着ダンビュライト(武豊騎手) 1~2角で少し力んだところはあったけど、やりたいレースはできましたから。ただ、上位には完敗でしたね。

⑤着アドマイヤウイナー(秋山騎手) もう1列前で競馬がしたかったけど、外枠でしたからね。ええ、内枠だったら結果も違ったと思います。③着とはそんなに差がなかっただけに、権利を取れなくて残念です。

⑥着ベストアプローチ(岩田騎手) 休み明けでしたがリラックスして走れた。直線はスペースもあったけど、そこでジリジリ。あそこをグッと突っ込んでいけるようになるといいんだけど。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間