【キーンランドC】レース後の談話

公開日:2017年8月28日 17:00 更新日:2017年8月28日 17:00

①着エポワス(ルメール騎手) 追い切りで馬が走りたがっていたので、自信がありました。それでも、相手が強いから③④着くらいと思っていた。少し忙しかったけど、我慢して走ってくれて、直線も進路があいてよく伸びた。ラスト150メートルはいい脚だった。

②着ソルヴェイグ(川田騎手) 内側が悪かったので、いい場所を選びつつ運びました。直線で他の馬がついてこなくて、1頭の時間が長く、フワフワしてしまいました。近くに馬がいれば違ったでしょうが、その分、スパッと切れる馬にやられてしまいました。

③着ナックビーナス(杉浦調教師) (⑤着だった)去年と比べて、状態が良かったから。これくらいは走れる馬ですよ。

④着フミノムーン(勝浦騎手) 馬は落ち着きがあって、いい雰囲気。久しぶりに乗りましたが、本当に良くなってましたね。ここまできたら、立ち回りひとつでした。

⑤着ライトフェアリー(内田騎手) このクラスだと相手は速い。それでも、直線は一瞬、“オッ”というところはあったよ。これで慣れてくればいいね。

⑥着モンドキャンノ(戸崎騎手) 道中、リズム良く走れていましたが、外に行った時にモタれてしまって。もう少し我慢して直線勝負に徹してもよかったかも。

⑦着メイソンジュニア(M・デムーロ騎手) イレ込んでいた。いいスタートを決めたけど、直線はすぐに脚が止まってしまった。全然、頑張らなかったね。

⑨着イッテツ(藤岡佑騎手) 初速で置かれてしまって。ワンペースなので、内枠がアダとなり、もまれてしまいました。

⑪着ブランボヌール(三浦騎手) 雰囲気は良かったし、馬場のいい外めを走らせました。4角では手応えがなくなってしまって……。

⑬着シュウジ(モレイラ騎手) スタートは決まり、道中はスムーズ。残り600メートルで仕掛けるも馬が反応してくれませんでした。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間