【新潟2歳S】レース後の談話

公開日:2017年8月28日 17:00 更新日:2017年8月28日 17:00

①着フロンティア(岩田騎手) スムーズだったことが勝利につながりました。スタートが決まって行こうと思えば行けたけど、まだ2戦目なのでレースを覚えさせたいなと。先生(中内田師)とも相談して、2、3番手を頭に入れてました。ムキにならず、賢かったですよ。切れというより長く脚を使いました。もっと落ち着いてくれば距離はこなせるし、頑張ってほしい。

②着コーディエライト(津村騎手) カリカリしていたけど、レースでは落ち着いて走れてましたね。好発を切って内の馬が行く気を見せない感じだったので、自然とこちらが行くに形に。直線も最後まで勝ち馬に食らいついてましたよ。距離はマイルまでですね。

③着テンクウ(北村宏騎手) 積極的に引っ張る馬がいなそうだったんで前、前で流れに乗る競馬をしました。直線も後ろを気にせずに追い出す感じに。最後までよく差を詰めてます。手先が軽くて反応のいい馬ですね。

④着エングローサー(木幡巧騎手) 前走同様、ラストの脚を生かすように乗ってみました。道中はそこそこいいポジションを取れたし、直線も一瞬やったかと思ったんですが、上位3頭が強かったです。

⑤着キボウノダイチ(高倉騎手) 初戦と違ってだいぶ舞い上がってました。その分、スタートはポンと出てくれたし、きょうの競馬に関してはイレ込みがいい方に出たと思います。でも、今後はその点が課題になってくるかな。

⑫着ムスコローソ(大野騎手) 位置取りが悪くなってしまいましたね。もう少しペースが流れてくれるかと思ったけど、スローの内枠でタイトな競馬に。道中も気負ってしまい、精神的にもたなかったですね。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間