【エプソムC】レース後の談話

公開日:2017年6月12日 17:00 更新日:2017年6月12日 17:00

①着ダッシングブレイズ(浜中騎手) 本当にうれしいですね。スタートが良かったので、自然とあの位置を取りました。馬のリズムが最優先で、道中はそう思いながら。ゴールまで必死だったけど、坂を上ってから一番苦しくなるところで、もう一度頑張った。千八もこなしてくれましたね。もっと大きいところもあるし、そこに向かっていければ。

②着アストラエンブレム(M・デムーロ騎手) 前走ほどではないにしても、ラストは自分からブレーキをかけていましたね。レースは上手に運べたんですが。

③着マイネルハニー(柴田大騎手) 直線半ばでは“やったか”と思ったけどなあ。①②着馬2頭の地力が上でした。でも、この放牧でリフレッシュできたようで、状態は良かったですよ。この感じならどこかで重賞を勝てますよ。

④着クラリティシチー(川田騎手) スムーズに運べました。直線は②着馬の後ろからしぶとく食らいついてましたよ。精いっぱい頑張りました。

⑤着バーディーイーグル(吉田豊騎手) 勝負どころからは他馬が外、外を回って行ったので、内でジッとしてロスなく運びました。最後までよく伸びてます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間