データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

阪神大賞典のラップが示したサトノダイヤモンドの非凡なスタミナ

公開日:2017年3月22日 17:00 更新日:2017年3月22日 17:00

 先週の競馬は3日間の長丁場。最後の月曜に行われたGⅢフラワーCではファンディーナが衝撃的な勝ちっぷりを見せたが、今回は真っ先に日曜のGⅡ阪神大賞典(写真)を取り上げる。

 サトノダイヤモンドが今年初戦を飾り、時計は三千メートル3分2秒6。コースレコードにわずか0秒1差だった。…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

武田昌已

武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋25年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評がある。毎週、目黒貴子さんとその週の重賞解説の動画も公開中。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間