鬼才 橘が見た波乱の春GⅠ

【96年桜花賞①着】ファイトガリバー大波乱物語のヒロインへ

公開日:2016年4月7日 17:00 更新日:2016年10月25日 09:31

直線は大外から力強く抜け出した

断トツ人気馬の回避から始まった

 週明けにいきなり衝撃が走った。

 20年前の96年、桜花賞ウイークの栗東トレセンである。エアグルーヴが熱発で回避したのだ。

 数々の名牝を育て上げた伊藤雄師が惚れ込んだ逸材。トライアルのチューリップ賞を5馬身差で圧勝し、断然の1番人気が予想されていたのだが……。にわかに大…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

橘正信

橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間