【桜花賞】シンハライト 自己ベストの4F51秒8

公開日:2016年4月6日 17:00 更新日:2016年10月25日 09:31

完璧な仕上がりだ

強烈な伸びで楽に2馬身先着

 チューリップ賞ではウオッカの持つレースレコードを0秒9も更新。その反動もなく、この中間は陣営の思惑通りの調整ができている。

 先週は池添が手綱を取って坂路入り。テンの1Fを15秒で入る指示だったため、全体時計は4F53秒1にとどまったが、ラスト2Fは反応良く12秒5―12秒…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

【動画】日曜の注目レースを大胆予想!

  • アクセスランキング
  • 週間