鬼才 橘が見た波乱の春GⅠ

【06年高松宮記念①着】オレハマッテルゼ陣営の読みがピタリと当たる

公開日:2016年3月24日 17:00 更新日:2016年10月25日 09:31

直線は力強く伸びてGⅠウイナーに

初重賞Vが初距離GⅠ

 06年に春の短距離王者に輝いたのはオレハマッテルゼ。重賞初VがGⅠ、しかも初めてのスプリント戦での快挙だった。

 千六の東京新聞杯で②着、千四の阪急杯で③着……。好走はすれど、なかなか勝ち切れないレースが続いていた。そこで陣営は思い切って未知の短距離戦をチョイス。

 喜友名…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

橘正信

橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

【動画】日曜の注目レースを大胆予想!

  • アクセスランキング
  • 週間