データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

きさらぎ賞は先につながり、東京新聞杯は…

公開日:2016年2月9日 17:00 更新日:2016年10月25日 09:31

きさらぎ賞では完勝

“逆転できる”と思った◎ロイカバードは前半に引っ掛かり、最後は脚が止まって③着まで。先週の注目レース、京都のGⅢきさらぎ賞(写真)はサトノダイヤモンドの完勝に終わった。

 これでサトノは3戦3勝。時計は千八1分46秒9のレースレコードで、②着馬との着差は「0秒6」だ。

 過去にき…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

武田昌已

武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋25年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評がある。毎週、目黒貴子さんとその週の重賞解説の動画も公開中。

著者詳細、記事一覧へ

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間