【GⅢ東京新聞杯】ダッシングブレイズ 4連勝なら新星誕生へ

公開日:2016年2月2日 17:00 更新日:2016年10月25日 09:31

先週は坂路4F51秒8の好時計

最高の舞台で切れ味生かす

 切れる――。ダッシングブレイズは抜群に切れる。

 デビュー戦Vから昨春のプリンシパルS⑫着までの7戦でも、4回はメンバー中最速の末脚を繰り出していた。とはいえ、結果は〈2203〉ともうひとつ。

 ところが、夏場に充電させた後は大違い。甲東特別→紅葉S→リゲルSと3連勝である…

会員限定コンテンツです。
競馬有料会員に登録するとご覧いただけます。

最新記事一覧

  • アクセスランキング
  • 週間